Profile | プロフィール

Ato Fujihara | アト・フジハラ

大阪府栄市生まれ、石川県輪島市在住。15歳の時、蒔絵職人になるため単身輪島に移り住む。18歳で洗礼を受けた後、写実的な筆致の女性画に、修行で身に付けた蒔絵技術を掛け合わせた作品を作り始める。日本人女性の美しさと清廉さを主なテーマとする。

―――経歴―――

1964年 大阪府栄市出身(54歳)
1980年 石川県輪島市にて漆芸作家 北清右エ門 に師事。輪島塗り蒔絵の技術を習得
1982年 洗礼を受けクリスチャン(プロテスタント)となる
1987年 漆芸工房「藤(のちにデザインFUJIに改名)」を設立・独立
2006年 秋葉原にて初個展 『ATO FUJIHARA作品展』を開催
2011年 現在の作風である“ミクストアート“の製作を開始
2011年 東京上野「森全国作家選抜展示会」に出品
2012年 東京ドームシティ「国際平和美術展20周年記念展」
2012年 ロサンゼルス「Nippon Art 企画展」海外初出品
2013年 銀座「松坂屋企画展 」
2013年 上野「松坂屋企画展」
2018年 ロンドン「Discover the One Japanese Art in London」

―――受賞歴―――

2002年 デジタルアートコンテスト ブロンズ 受賞
2003年 日本海デジタルアートコンテスト 優秀賞
2009年 デジタルコンテンツマーケット 優秀賞
2010年 アジアデジタルアートアワード 入賞

 

Born in Osaka, Japan in 1964.

I started learning the basics of handicrafts in the world of traditional Wajima lacquerware, the ultimacy of analog drawing. After I became an independent lacquer artist, drawing on numerous lacquerwares, I started working on digital art production. Recently, I produced artworks that fuse analog (Wajima lacquerware techniques) and digital techniques together.

 

Follow me on Instagram and Facebook / Contact: nhpdk578@ybb.ne.jp